FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと前に読んだ小説

油断すると、すぐ更新を怠ってしまう私…。

前回、映画を観て、どうしてもわからないところがあったと書きましたが。
ツナグ (新潮文庫)ツナグ (新潮文庫)
(2012/08/27)
辻村 深月

商品詳細を見る

映画を観た2日後に文庫版を買いました。

オムニバス形式で、3組のエピソードが映画にて描かれていたのですが、小説にはもう1組のエピソードがありました。
映画の尺に合うように、1つ削ったのかも。
私的には、映画は3組でよかったかなぁと思っています。
多すぎると冗長になりますもんね。

ギモンでモヤモヤしていたので、集中して読み進みました。
映像を先に見ているので、出演されていた俳優さん達でイメージがわきやすかったですし♪

そして、そのギモンは、小説を読んでスッキリ。
映画だと目で見える映像なので、小説よりも情報が多いように感じるのですが、実は表情の演技のみでわからないことがあったりするんですね。
小説だと書き手のナレーションがつくので、特に登場人物の気持ちなどはわかりやすいように感じます。

辻村さんの作品は初めて読んだのですが、他の作品も読んでみたくなりました。
こんな風に何かをきっかけに、読んだことのない作家さんの著書に出会えるのも、いいものですね♪


上記小説を買ったときに、この小説も一緒に買いました。
往復書簡 (幻冬舎文庫)往復書簡 (幻冬舎文庫)
(2012/08/02)
湊 かなえ

商品詳細を見る


こちらは、観てはいないのですが、「北のカナリアたち」の原案になった小説です。
ちょうどこの頃、映画の公開を控えてメディアで宣伝していたので、手に取った訳です。

湊かなえさんの小説は「告白」を読んだことがあります。
だいぶ前に、ここでも書きましたよね。
ストーリーの、あまりのやりきれなさがとても印象的だった作品です。
「映画を観てから原作本を読む」派(←勝手に命名)の私が、小説を読んだ後に観て、あまり違和感を感じなかった数少ない作品です。

この作家さんは、すごいですね。
切り口が鮮やかというか…、何と表現すればいいのか。
人の抱える暗部を浮き上がらせるのが上手い…、というか。

この小説は題名通りすべてが書簡の形式で書かれており、一般的な「書き手の語り」というのが一切ないのです。
一見、とっつきにくい形式なんですが、読み出すとぐいぐい引き込まれて。
往復の「書簡」形式だから表現できる物語。
やっぱりすごい作家さんだなぁと、改めて感じた1冊でした。

でもこの本は、「告白」を読んだ後に感じた胸がざらつくような読後感はなく、すんなり。
ハッピーエンド好き派なので(←また、勝手に命名)。
読中には、この作家さん独自のやるせなさも、ちゃんと感じましたが。

日々の生活に追われて、なかなかゆっくり小説を読もう!という気になれないのですが、じっくり本を読むのもいいものですね。
また、いいご縁があるといいなと思っています。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

♪kayo♪

Author:♪kayo♪
中学生の娘Mと小学生の息子K、
旦那さんの4人暮らしです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
遊びに来て下さっているお客様数♪
現在の閲覧者数:
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。