FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子の足

父と母が東京に遊びに行っていた9日(日)。
息子はサッカー部の練習試合に行っていました。
その週の半ばに2学期の中間試験があり、それまで部活はお休みだったため、木・金・土と練習して臨んだ練習試合でした。

試合中は普段通りだったらしいのですが、終了して帰るぐらいから左足が痛み出したようで。
私たちが帰宅した時には、「痛い」「痛い」と尋常ではない痛みようでした。
歩くのはおろか、ほんのちょっと足を動かすだけでひどく痛がっていました。

以前、幼稚園の時などにも同じようなことがあり、近所の整形外科に行ったら
「成長痛でしょうかね」とか
「安静にしていれば、痛みは治まります」と
言われた経験があるので、同じ感じかな?とこの日は様子を見守ることにしました。

しかし、翌朝になっても痛みは変わらない様子。
これは自転車に乗って登校するのも無理だなと感じ、学校に連絡して、遅刻扱いにしてもらい、スポーツ整形がある整形外科を受診してきました。

そこで下されたのは、「骨膜炎」。
初めて聞く名前でした。

どうやら、筋肉の炎症がひどくなり、左足大腿部の骨を覆っている膜が炎症を起こしていて、あんなに痛むのだそう。
その場で「添え木をつけます」と言われて、処置してもらいました。
「添え木」と言っても、現在は木をあてる訳では無く、包帯状のものを水分に浸してそれをしばらく足の膝の後ろ辺りに当てていたら、足に沿った形に固まりました。
それを包帯でぐるぐる巻き付け、足に固定。

足

「学校へは行ってもいいですか?」とお聞きしたら、「大丈夫ですよ」とのことだったので、診察終了後に連れて行きました。

「大丈夫」とは言われましたが、添え木をした状態で教室への行き来は(運悪く教室は3階…)大変だったと思います。
私も、車で中学校まで送迎の日々。トホホ。


その後、若くて回復力が強かったからか、その週の金曜日には添え木を外し、普通に歩けるところまで回復したのでした。
治ってよかったです~。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

♪kayo♪

Author:♪kayo♪
中学生の娘Mと小学生の息子K、
旦那さんの4人暮らしです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
遊びに来て下さっているお客様数♪
現在の閲覧者数:
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。